2018年02月19日

ワールドクラスパスウェイ・ネットワーク ハイパフォーマンスセンタープログラムが開催されました。

2月10日(土)〜11日(日)に国立スポーツ科学センターにて、年代別強化選手に指定されている選手等を対象に『ハイパフォーマンスセンタープログラム(HPCP)』が開催されました。
みやぎジュニアトップアスリートアカデミー修了生で現在ウエイトリフティング競技を行っている佐々木 柾選手、 中里 真子選手の2名が参加しました。
写真D.jpg

プログラムでは『スポーツ医科学の知識をどう実践につなげるか』をテーマに実施され、スポーツ医科学の重要性だけではなく、【起床時の目覚め具合の把握】や【排尿便の色による脱水・疲労状態の把握】等、小・中学生でも自分のコンディション把握が簡単にできる方法を学びました。

 写真@.jpg写真A.jpg

写真B.jpg写真C.jpg





【修了生関連の最新記事】
posted by みやぎジュニアスポーツパワーアップ at 00:00| 修了生関連